違法性の有無について|禁煙の強い味方!ZEROニコチンパッチでタバコとさよなら

禁煙の強い味方!ZEROニコチンパッチでタバコとさよなら

ZEROニコチンパッチの購入はこちら>>
積みあがるブリスター

違法性の有無について

個人輸入代行サービスを使えばさまざまな医薬品を個人で購入することができます。
今まで医療機関に通って購入していた医薬品はもちろん、そもそも日本で流通していなかった医薬品でさえも購入することができます。
個人輸入代行サービスで販売されている医薬品はすべて海外から取り寄せたモノですので、たとえ日本で販売されていない医薬品であっても問題なく取り扱われているのです。
海外で販売されている医薬品は、当然その国の薬事法に基いて販売がおこなわれています。
日本の薬事法は適用されないため、日本で処方箋医薬品に指定されているモノや認可されていないモノを購入しても問題ありません。

また、海外から医薬品を輸入すること自体に関してですが、これについても問題はありません。
「医薬品の輸入」と聞くと危険な印象を受けますが、海外から医薬品を個人輸入することは許されています。
元々は海外で治療を受けていた日本人患者が、帰国後も海外の同じ医薬品で治療を続けられるようにとできた決まりで、危険性も違法性もないので安心してください。
ただし、個人輸入をするための条件があり、それが「個人の利用目的の場合のみ」ということです。
つまり、注文した本人が利用するために個人輸入することは許されていますが、第三者に贈与するために個人輸入をすることは禁止されています。
最初のうちは自分で使用していたとしても、最終的に贈与してしまうと同じく違法になってしまうので気をつけてください。